電球

メディアプランニング

SNSやYoutubeなどの普及により、映像はより身近なものとなっています。

また、制作環境も携帯で高画質に撮影できるようになるなど、映像を導入するハードルも下がってきました。

しかしその一方で、映像を作ったけど効果がない。視聴数が伸びず、Youtubeが映像の置き場になってしまうなど、費用対効果を疑問視せざるをえない状況が出てきているのも散見されるようになってきました。

その原因は、映像が効果がないのではなく、構成や演出方法がターゲットからずれてしまっていることが多いことが考えられます。ターゲットやメディアが違えば、演出方法なども変えていかなければならないのです。

場合によっては、映像である必要がないかもしれません。

そこでタイトエンドでは、映像で培ったノウハウを生かし、エンドユーザーへいかにメッセージを伝えるのかにフォーカスし、映像に関わらず最適なメディアや演出をトータルでご提案することをメディアプランニングとしてお客様にご提供させていただきます。

​自社で映像制作の内制をお考えの場合には、サポートや初動のお手伝いのご依頼も承ります。